修繕工事中のマンション

マンション大規模修繕工事が12年と一般的に言われている理由

ビルと空の風景

マンションは定期的に修繕をしなければなりません。建物は年月が経てば劣化していくので、そのまま放置していると危険ですし、マンションの資産価値が下がってしまいます。修繕工事は専門業者に依頼することになりますが、どのくらいの期間でやるべきなのでしょうか。
これには明確な基準はなく、建物の劣化状況に合わせてやっていくことになります。一般的には12年周期と言われていますが、建物の立地状況や気功などによっても変わるので、状態を専門業者へ依頼して確認してもらい、修繕工事が必要かどうかを見定めて工事をするか決定していくのが無難です。ただ、12年と言われているのには理由があって、建築基準法では、築10年以上のマンションは最長でも築13年までに外壁の全面打診調査か修繕工事をする必要があると定めています。したがって、いずれにしてもマンションが建てられてから13年以内には修繕工事をしないとしても点検はしなくてはなりません。
そして、点検の際に問題があると判断されれば、確実にマンション大規模修繕工事は必要になります。このとき、どうせどちらかをやらないといけないのであれば修繕工事をしてしまった方が良いと考える人も多く、それで12年という数字が一般的に言われています。

post list

サポートが手厚い業者を活用したマンション大規模修繕工事

ひび割れたマンションの壁

老朽化が進んだマンションでは、水漏れやタイルの剥落などのトラブルが頻発します。その場合には緊急工事を専門業者へ依頼するべきですが、問題を抜本的に解決するためには、マンション大規模修繕工事を行う必要があります。サポートが丁寧な業者を継続的に活用すると、築3…

read

マンション大規模修繕工事は早めの計画が大切

作業員

マンションは建設からある程度の年数が経過すると修繕工事などを考える必要もあります。建物は年数とともに徐々に劣化し傷んでくる箇所も出てくるため、定期的な点検や修繕工事は避けられないものでもあるのです。マンション大規模修繕工事は10年から12年ほどの…

read

マンション大規模修繕工事をしない場合に考えられるリスク

説明をする作業員

分譲マンションの住人にとって大規模修繕な工事は高額な費用がかかるだけに、できれば工事をしないで済ませたいと考えている人は少なくないものです。実際に築10年以上を経過したマンションのおよそ3分の1は、過去に一度も大規模修繕工事を実施していません。頑丈な鉄筋…

read

マンション大規模修繕工事が12年と一般的に言われている理由

ビルと空の風景

マンションは定期的に修繕をしなければなりません。建物は年月が経てば劣化していくので、そのまま放置していると危険ですし、マンションの資産価値が下がってしまいます。修繕工事は専門業者に依頼することになりますが、どのくらいの期間でやるべきなのでしょうか。…

read